人気ブログランキング |
ブログトップ

お手軽天体写真

astrokcao.exblog.jp

天体写真のページ

タグ:ASI-290MC ( 10 ) タグの人気記事

昨夜撮影した土星。雲が流れる中なので、わずか700フレームほどしか撮れていない。今夜はどうかなあ…

e0174091_14051533.jpg

by astrokcao | 2019-07-31 14:05 | 惑星 | Comments(0)
昨夜は少し晴れ間があったので木星を撮影。1年ぶりの撮影なので、準備に追われた。きれいさっぱり忘れてしまっているのが情けない。

雲が流れる中での撮影だったが、前半は比較的よく見えていた。とりあえず処理をしてみた。

GINJI-200N 20cm F6 fl1200mm Kasai2.5×バーロー ASI290MC ZWO ADC AutoStakkert!3 SI8 PhotoshopCC
Gain 300 Exp 20ms 2000fls->70%

e0174091_11403257.jpg
e0174091_11520423.jpg
e0174091_11562723.jpg
e0174091_12562544.jpg

by astrokcao | 2019-07-31 11:40 | 惑星 | Comments(0)
昨日は月面Xが夕方に見えていた。この前購入したC-8直焦点にASI-290MCをつけて撮影してみた。3000フレーム撮影して、60%を使用した。18:30頃という予報なので、まずまずいい感じで撮影ができたように思う。しかし、シーイングはあまりよくなく、細かく震えていた。とりあえずC-8でもそこそこ撮れることがわかり一安心。

月面X 2018年11月15日 Start=181752.385 Mid=181839.181 End=181925.977 3000フレーム撮影
セレストロン C-8 2000㎜直焦点 TWO ASI-290MC AutoStakkert!3で60%スタック後RegiStax6で強調処理、PhotoshopCCで調整
e0174091_14371174.jpg

by astrokcao | 2018-11-16 14:35 | | Comments(0)
昨夜は水蒸気が多く少しもやっていたが、きれいな星空だった。天文台から帰ってから清和まで行くかどうか迷ったのだが、昨夜も遅かったし一日中忙しかったので断念。
自宅屋上で撮影することにした。

今回のテーマは「ラッキーイメージング」。TWOのASI-290MCをε-180eEDにつけて撮影してみようを考えていたのだが、先日はピントが出ずに断念。いろいろとリングを組み合わせて何とかピントが出るように準備を進めていた。せっかくの機会なので今夜撮影してみることにした。

10秒露出でも結構写ってくるので、これからが楽しみ。彗星や冬の定番をいくつか撮ってみた。とにかく軽いので望遠鏡の調子もいいし、撮影も超楽。後処理もAutoStakkert!3でスタックしてPhotoshopCCで調整するだけなので楽勝。それなりに楽しめる。ただ、低照度の場合、色ノリが悪いのが欠点かも。貧血写真になってしまう。

とりあえず昨夜撮影して処理をざっとやってみたもの。

共通データ 高橋 ε-180ED TWO ASI-290MC ノータッチガイド
      AutoStakkert!3でスタック後PhotoshopCCでレタッチ

46P(ウィルタネン彗星)  10枚×30秒
e0174091_13163824.jpg

38P(ステファン-オテルマ彗星) 21枚×10秒
e0174091_13180489.jpg
M1 60枚×10秒
e0174091_13183861.jpg
M42 18枚×15秒 12枚×5秒 19枚×1秒
e0174091_13193804.jpg
少し色味を補正
e0174091_13465423.jpg
結果として、まずまず使えることを確認できた。特に彗星に関してはとても使いやすいと思う。露出時間が短いのでなかなかいい感じに仕上がる。もう少しピントを合わせる必要があるが、気温の変化で大きくピントが変わるので、1時間するともう駄目だった。その間気温は5度以上下がっていた。なかなか難しいけれども、やってみる価値はあると感じた実験だった。

こうなると、もう少し大きなカメラが欲しくなる。物欲の世界だなあ… しかし、ミラーボックスがないと処理が楽だなあ!!







by astrokcao | 2018-11-11 13:23 | 天体写真 | Comments(0)
昨夜は火星大接近だった。天文台の観測会は100人以上の人出で大賑わいだった。

帰宅後しばらく様子を見ていたが天気が悪く、あきらめて寝ようかと思ったが読書をしてもうしばらく時間をつぶす。

午前2時半ごろには火星がきれいに見えていたので撮影。しかし、ゆらゆらと揺れる最悪のシーイング。

とりあえず記念撮影ということで。

e0174091_08375781.jpg

by astrokcao | 2018-08-01 08:38 | 火星 | Comments(0)
昨夜は夜半過ぎから晴れて月が良く見えていた。しかし、薄雲がありなかなかすっきりとはいかない。寝る前にもう一度外を見てみると、火星が何とか撮影できそうだったので屋上へと急ぐ。

火星 2018年7月26日 02時08.7分 700/3000フレーム × 14ファイル AutoStakart! RegyStax Winjupos PhotoshopCC2018
   笠井トレーディング Ginji200N 20㎝ 1200㎜ 2.5倍バーロー ZWO ADC ZWO ASI-290MC

e0174091_11330974.jpg
e0174091_11455772.jpg


by astrokcao | 2018-07-26 11:33 | 火星 | Comments(5)
先日天文台で撮影した火星を再処理してみた。今回はWinjuposを使っての処理。

Kasai GS-400RC/TR改 西村製経緯台 3倍バーロー ZWO ASI-290MC
AS!3 RegyStax6 PhotoshopCC2018
2018年7月15日00時15分 4ファイル合成

e0174091_12283114.jpg

by astrokcao | 2018-07-20 12:28 | 火星 | Comments(0)
再び先日撮影した土星を再処理してみた。

RGB三色分解をしてみると、B画像だけが大きくぶれている。R画像は大変よく撮れているのだが、B画像はぼやぼやだ。G画像も少しボケている。

誰かのブログで同じようなことが書いてあったので、後で調べてみよう。

とりあえず再処理をしてみた。R画像をL画像として、カラーのレジスタックスをかけていない画像をRGB画像としてLRGB合成をしてみた。

e0174091_11113839.jpg

by astrokcao | 2018-07-20 11:11 | 土星 | Comments(0)
先日自宅屋上で撮影した火星を再処理してみた。Winjuposに慣れるためでもあるのだが、いろいろと試しているところだ。

とりあえずいろいろといじってみて、この程度まで。やや露出が多すぎたようなので、次回はもう少し露出を抑えてみたい。

e0174091_10534832.jpg

by astrokcao | 2018-07-18 10:53 | 火星 | Comments(0)
昨夜は22時過ぎから晴れてきた。天文台の一般公開が終わってから、新しい望遠鏡の操作方法の練習を、運営委員一同で行った。

ついでに望遠鏡を使って惑星撮影を行う新しいシステムの使い方についても紹介した。その流れでついつい買ってしまっていた、「ZWO ASI-290MC」を使って火星を撮影させてもらった。

素晴らしいシーイングというわけにはいかないが、とりあえず写るという感じだったので、4本動画を撮って終了。

その後、Tsu氏、Juro氏と3人で今後の天文台整備について、いろいろと話し合う。ずいぶん遅くなり、家に帰り着いたのは01:30過ぎだった。

帰宅後、動画をメインのパソコンに移してちょこっと処理をしてみて寝た。

そして、今日再び少し処理をしてみたが、枚数がまだ不足気味で荒れてしまった。それでも、このカメラによるファーストライトなので一応記録として残しておこう。

Kasai GS-400RC/TR改 西村製経緯台 3倍バーロー ZWO ASI-290MC
AS!3 RegyStax6 PhotoshopCC2018
2018年7月15日00時14分51秒 Gain=302 Exposure=0.003703

e0174091_16183681.jpg
 

by astrokcao | 2018-07-15 16:18 | 惑星 | Comments(0)