人気ブログランキング |
ブログトップ

お手軽天体写真

astrokcao.exblog.jp

天体写真のページ

タグ:ε-180ED ( 30 ) タグの人気記事

今日はとてもよく晴れたので久しぶりに屋上に上って撮影。

今夜はM16とM17、それにはくちょう座の超新星レムナント。天の川もよく見えて透明度もよかった。久しぶりの乾燥した澄んだ空だったので、いい気持ちで撮影できた。

翌日処理をしてみたのだが、フラットがなかなかうまく合わない。かなり苦戦。それでもなんとか処理をしてみたが、もっと空の暗いところで撮影したいなあと思う。月が昇らなければ、徹夜で頑張ったのだが・・・

M16&M17 1分×50枚 ε-180ED 6D(HKIR改造) EM-200改 DSS+SI8+PSCC

e0174091_18494785.jpg
はくちょう座のベール星雲 超新星残骸 2分×11枚 以下同じ
e0174091_18540031.jpg
いて座付近の天の川 タムロンSP20-40mm (20mmF2.5) 改造6D 30秒固定撮影
自宅屋上でもこれくらいは写るのだからうれしい。

e0174091_12050740.jpg
処理をやり直してみた。
e0174091_12180826.jpg

by astrokcao | 2019-06-24 18:50 | 天体写真 | Comments(0)
改造6Dファーストライトで撮影した画像の処理を進めている。子猫の妨害もあってなかなか進まない。ようやく遊び疲れてお昼寝中なので、今のうちになんとか進めてみた。

まずは、M8とM20。定番中の定番だが、今回は猫の手を中心にしてみた。しかし、やはり露出不足でなかなか。

M8&M20付近 ε-180ED 改造6D ISO1600 45秒露出*30枚 DSSでフラット・ダーク処理・スタック処理。PhotoshopCCで調整。
e0174091_12051432.jpg
次は網状星雲 60秒*10枚 処理は同じ
e0174091_12061533.jpg
はくちょう座サドル付近 60秒*20枚
e0174091_12071300.jpg

by astrokcao | 2019-05-05 12:07 | 天体写真 | Comments(0)
昨夜はよく晴れた。昼間からいろいろと屋上で準備を始め、カメラもセットしてパソコンも起動した。

冷却CMOSカメラを購入したが、後処理で躓いてしまいなかなか思うように作品に仕上がらない。できないことはないのだが、結構手間が大変だった。

そこで、今更ながら改造6Dを手に入れた。ハヤタ・カメララボのHKIR改造だ。改造済みのカメラが出ていたので、連休に間に合うように注文してしまった。これで、1月から3月まで突然授業が倍増してしまったおかげで稼いだ給料が、ほぼなくなってしまった。でも、働いた分だからまあいいか。

しかし、届いてから天気が悪くてなかなか試写ができなかった。ようやく昨夜使えてほっとしているところだ。

昨夜はとりあえずイプシロン180EDで撮影。夏の星雲が上ってくるまでいろいろと試してみた。例のクワッドバンドフィルターはどうなんだろう。使ってみると確かに露出は伸ばせるが、真っ青な画像になる。処理でちゃんと色は出るが、少しどうしようか迷ってしまった。

そこで、フィルターは外してそのまま撮影することにした。しかし、露出が伸ばせない。ISO1600で1分露出が限界だった。とりあえず撮影を進め、最後にダークとスカイフラット(レジ袋を鏡筒にかぶせて薄明の空を撮る)、フラットダークを撮影して終了。

今回はさそり座付近の撮影から始めて、M8&M20、M16と進めていき、高度が上がってきたところではくちょう座付近を撮影して終了。5時頃には撤収して風呂に入ってから就寝。8時前には起きて子猫の世話をしてから朝食。その後、年寄り猫の病院へと出かけてようやく太陽撮影。それから太陽の処理を済ませたところで、昨夜の画像処理を開始。

今回はDeepSkyStacker(DSS)にライトフレーム、ダーク、フラット、フラットダークを読み込ませて一気に処理。昼食後にPhotoshopCCで調整をして終了した。

とりあえず処理が終わったのが、北アメリカ星雲とペリカン星雲だ。1分露出*25枚 まだまだ露出不足だが、小さくしてごまかしてみた。これからが楽しみな写りだった。すかっと晴れたら、空のきれいなところで星野写真を撮ってみたい。

e0174091_13462198.jpg

by astrokcao | 2019-05-04 13:47 | 天体写真 | Comments(0)
昨夜はきれいに晴れ透明度もまずまずよかった。本当に3ヶ月ぶりに屋上に上って天体写真を撮影した。

かってそのままお蔵入り状態だったASI294MCPROを夕方から鏡筒につけて、冷却しておいた。今回は-10℃。夕食後に撮影開始。今回は獅子座のM65,66あたりとマルカリアンを撮影してみた。しばらく実践から離れていたら、いろいろと忘れていることも多くて準備に時間がかかった。

とりあえずピントを出してM65あたりに向けてみる。そのまま画面で確認できるのがよい。今はやりの電視観望ののりで、面白いようにいろいろな星雲が見えてくる。目で実際に覗くよりもよっぽどはっきりと見える。

しかし、これを写真として残そうとするとうまくいかない。どうしてかなあ。これからの課題。

とりあえず今回の結果。

マルカリアンチェーン タカハシε-180ED  TWO ASI294MCPRO タカハシ EM-200改 総露出 45分 20秒と30秒露出
SI8 PhotoshopCC

e0174091_18470167.jpg
獅子座の三つ子銀河
e0174091_18483992.jpg


by astrokcao | 2019-04-04 18:48 | 天体写真 | Comments(0)
1月2日に撮影したバラ星雲を再処理してみた。元画像がよくないとどんなに頑張ってもやはりなんとも・・・

しかし、前回よりはましになったかもしれません。さて?

e0174091_17451482.jpg

by astrokcao | 2019-02-02 17:45 | 天体写真 | Comments(0)
昨夜は快晴だったので、294MC PROのテスト撮影3回目。今回は46P以外にクラゲ星雲、バラ星雲、クリスマス星雲などを撮影。

時間に追われての撮影で、なかなか忙しい。とりあえず撮れはしたが作品というにはほど遠い。まだまだだな。

共通データ
ε-180ED D:180mm fl:500mm
ZWO ASI-294MC PRO
EM-200改

46Pウィルタネン彗星
15秒露出をライブスタック60秒したものを14枚合成 総露出時間14分
e0174091_12482247.jpg
コーン星雲からクリスマスツリー付近
30秒露出×10枚

e0174091_12350482.jpg

クラゲ星雲
総露出 21分

e0174091_12375142.jpg
バラ星雲
総露出時間 22分

e0174091_12384183.jpg


by astrokcao | 2019-01-03 12:38 | 機材 | Comments(0)
昨夜は快晴。しかし、まだ体調が万全ではないので自宅での撮影。月が19時頃には昇ってくるので、その前に撮影しなくてはならない。

急いで準備をして屋上に待機。ガイド鏡を外して自由雲台を取り付け、聖夜!(星野)写真も同時に狙ってみる。今回は標準ズームの広角で撮る。ぎょしゃ座と一緒に撮れたらいいなと思うのだが、自宅屋上は明るいのでどうだろう。

とりあえず撮影したのがこちら。

KissX5改 18mmF3.5 7×30s ISO800

e0174091_14471607.jpg

5cm7倍の双眼鏡でカペラと一緒に見える。ぼーっと広がった姿がよく見えた。しかし、我が家の屋上では肉眼では難しい。

次はタカハシε-180ED 500mm直焦点だ。カメラは6Dノーマル。30秒露出を52枚重ねてみた。湊露出時間は26分。

e0174091_14495497.jpg

写るけど、あまり面白みはないなあ。海外の作品には同じ日の写真に尾が写っている。もっと空のいいところに行けということか。

今夜は月の出が20時を過ぎるので、また撮影しやすくなってくる。さて、天気はどうだろうか?




by astrokcao | 2018-12-25 14:51 | 彗星 | Comments(0)
昨夜は快晴。町おこしの会議があったのだが、この日を逃すとしばらくは撮影できそうもなかったので欠席。夕方から屋上で準備を進めて待機しておいた。

19時前には試写を始めてピント出しなどの準備を完了した。21時ぐらいから本格的に撮影する予定で、とりあえず夕食。

9時前に屋上に上ってピントの再確認を行った。ガイドカメラの画像にも映っていたので、結構明るくなっている。

とりあえず露出を決めるために何枚か撮って、ISO800で60秒露出で行くことにした。10枚ずつ3セット撮影し、その後120秒で1セット撮影したところで南中を過ぎ、月の出も近づいてきたので撤収。

その日のうちに処理をしてみたが、今一つの写りだった。水蒸気が多く地平線付近が霞んでいるのが原因か。天頂はとてもすっきりとしていたのだが…

その後、イプシロンに接眼部を取り付けて接眼レンズをつけて眼視で覗いてみた。結構大きな塊の中に中央集光の強い見ごたえのある姿だった。5㎝7倍の双眼鏡ではかなり貧弱な姿だった。やはりもっと空の暗いところで見ないと、美しさは感じられないのだなと思った。

次の日の仕事がなければ空の暗い所に遠征したのにと悔やまれる。

ともあれ、来週からの見え方に期待が持てる彗星だ。肉眼彗星になるのか楽しみ!

46P ウィルタネン彗星
2018/11/29 21:29:46 - 22:06:00 30×60s
Takahashi ε-180ED Cannon KissX5改
PhotoshopCC Stellaimage8

e0174091_15245877.jpg

by astrokcao | 2018-11-30 15:25 | 彗星 | Comments(0)
11月15日に見えた月面Xを再処理してみた。少しはましになったかも。

月面X 2018年11月15日 3000フレーム撮影
セレストロン C-8 2000㎜直焦点 TWO ASI-290MC AutoStakkert!3で60%スタック後、PhotoshopCCで調整
e0174091_18345082.jpg
次は11月6日に撮影しておいたM42.今年最初の撮影だ。しかし、自宅周辺も明るくなってきたので2分露出でもかぶってしまう。なかなか。

M42 タカハシ ε-180ED キャノンKissX5改 5×120s 10×60s 5×30s 5×1s かな?

e0174091_18381251.jpg

by astrokcao | 2018-11-22 18:38 | 天体写真 | Comments(0)
昨夜は水蒸気が多く少しもやっていたが、きれいな星空だった。天文台から帰ってから清和まで行くかどうか迷ったのだが、昨夜も遅かったし一日中忙しかったので断念。
自宅屋上で撮影することにした。

今回のテーマは「ラッキーイメージング」。TWOのASI-290MCをε-180eEDにつけて撮影してみようを考えていたのだが、先日はピントが出ずに断念。いろいろとリングを組み合わせて何とかピントが出るように準備を進めていた。せっかくの機会なので今夜撮影してみることにした。

10秒露出でも結構写ってくるので、これからが楽しみ。彗星や冬の定番をいくつか撮ってみた。とにかく軽いので望遠鏡の調子もいいし、撮影も超楽。後処理もAutoStakkert!3でスタックしてPhotoshopCCで調整するだけなので楽勝。それなりに楽しめる。ただ、低照度の場合、色ノリが悪いのが欠点かも。貧血写真になってしまう。

とりあえず昨夜撮影して処理をざっとやってみたもの。

共通データ 高橋 ε-180ED TWO ASI-290MC ノータッチガイド
      AutoStakkert!3でスタック後PhotoshopCCでレタッチ

46P(ウィルタネン彗星)  10枚×30秒
e0174091_13163824.jpg

38P(ステファン-オテルマ彗星) 21枚×10秒
e0174091_13180489.jpg
M1 60枚×10秒
e0174091_13183861.jpg
M42 18枚×15秒 12枚×5秒 19枚×1秒
e0174091_13193804.jpg
少し色味を補正
e0174091_13465423.jpg
結果として、まずまず使えることを確認できた。特に彗星に関してはとても使いやすいと思う。露出時間が短いのでなかなかいい感じに仕上がる。もう少しピントを合わせる必要があるが、気温の変化で大きくピントが変わるので、1時間するともう駄目だった。その間気温は5度以上下がっていた。なかなか難しいけれども、やってみる価値はあると感じた実験だった。

こうなると、もう少し大きなカメラが欲しくなる。物欲の世界だなあ… しかし、ミラーボックスがないと処理が楽だなあ!!







by astrokcao | 2018-11-11 13:23 | 天体写真 | Comments(0)