ブログトップ

お手軽天体写真

astrokcao.exblog.jp

天体写真のページ

一昨日の晩、お酒を飲みながらYahooオークションを眺めていると、笠井のPico-8ジャンク品がまだ残っていた。あまり値段も上がっていなかったので、ダメ元で入札するとあっさりと落札となってしまった。目の前の嫁さんの目を気にしながら、送金先を確認してこの日は早めに就寝。次の日、太陽の撮影を早めに終了させると、銀行へと出かけた。しかーし、嫁さんの目を気にして「猫のご飯、買ってくるけん。他に何か無い?」なんぞとほざきながら出かけた。結局、猫トイレの砂2袋と犬のおやつ、それに獣医師さんで買う高い猫のご飯を買って、合間に送金完了した。家に帰ってみると、昨夜酔っ払いながらメモした送金先などの紙がテーブルに落ちているではありませんか!素知らぬ顔で部屋に上り、送金完了を通知すると思ったより早く発送の連絡があった。結局、昨夜9時前に届いたのだった。

結局買ったのは以下の製品

Kasai PICO-8
シンプルなグレゴリー型マクストフカセグレン設計を採用
全長245mm、重量わずか1100gの超コンパクトな8cmF11.3マクストフカセグレン鏡筒セット

これの試作品のジャンク品 前の持ち主がファインダー台座をつけるときに主鏡を汚してしまったという。
6,500円+送料700円だった。

全体像 その1
e0174091_12411082.jpg
全体像 その2
e0174091_12414922.jpg
補正板
e0174091_12420516.jpg
ピント調節ノブ
e0174091_12423266.jpg
接眼部
e0174091_12424610.jpg

とにかく軽くて(約1kg)小さくて(鉛筆と同じぐらいの長さ)、それなりに見えるのでしばらくは太陽の可視光撮影はこれでいこうと思う。
しかし、ピントの調節は少しこつがいる。ぐるぐると回すと、しばらくしてから主鏡が動いて少しピントがずれる。一方向だけに動かしながらピントを合わせないとだめなのは、シュミットカセグレンと同じだ。きちんと合うとなかなかシャープで、色収差もないので結構いいかもしれない。コントラストが悪いという話が、ネット上では飛び交っていたが、まあこんなものだろうと思う。

手持ちで撮った月 ISO1600 1/400秒 KissX3
PhotoshopCCで自動カラー補正のみ適用後リサイズ
e0174091_12475062.jpg
太陽は、太陽のところを参照して下さい。









# by astrokcao | 2015-12-27 12:48 | 機材 | Comments(0)
今朝は朝からかすんでいた。曇り空かなと思っていると、地面付近がかすんで見えない。20kmほど離れたところにある金峰山が見えるかどうかが、透明度の判定基準なのだが、金峰山どころか4kmほど離れた雁回山すら見えない。そんな中一応太陽の撮影を試みた。昨日届いた望遠鏡のテストも兼ねての撮影だ。しかし、いつもなら1/1600秒で切れる露出が、1/320秒でやっとという有様だった。何とも情けない写真しか撮れなかったが、太陽のファーストライトということで。Haでの撮影は、天文台の正月飾りと玄関掃除を終えてから行った。しかし、雲とかすんだ空のため1セットだけしか撮れなかった。拡大撮影はあきらめた。中国の影響だろうか?今日は外出は控えた方がいいのかもしれない。

可視光
2015年12月27日 9時24分 9枚をステライメージ7でコンポジット・階調補正・色補正後 PhotoshopCCで調整
Kasai Pico8 900mm キャノン X3

e0174091_12273750.jpg

Ha QHY5L-Ⅱ全体像
2015年12月27日 
LUNT LS50THa QHY5L-Ⅱ SP赤道儀 AutoStackkert!2で処理後PhotoshopCCで処理
薄雲越しの撮影で、今日も今ひとつだがシーイングは比較的良かった。

e0174091_12283087.jpg


# by astrokcao | 2015-12-27 12:28 | 太陽写真 | Comments(0)
昨日はクリスマス。雪は全く降らないが、代わりに満月の光が降り注ぐ。クリスマスの満月となるのは意外と少なく、次は2034年とか。ちなみに前回は1977年だったとか。まだ大学生だったはずだが、全く記憶にない。それはともかく、満月と地上の風景を一緒に撮るのは難しい。輝度差がありすぎてどうしようもない。今回は、300mmの望遠レンズで地上の風景と一緒に撮影してみた。処理はPhotoshopCCのHDR処理を使った。輝度差を圧縮してくれる。少し不自然だが、月面と地上の風景が一緒に何とか写っていると思う。

2015年12月25日 17:43 Tokina 300mmF2.8 キャノン6D 1/100秒 ISO1600
e0174091_12062039.jpg

ISO400 1/13秒
e0174091_12152151.jpg
手持ちで撮影 1/125秒
e0174091_12353459.jpg


クリスマスイルミネーションと
e0174091_12081444.jpg
e0174091_12081798.jpg


# by astrokcao | 2015-12-26 12:08 | 天体写真 | Comments(0)
 今朝は大変寒かった。屋上は真っ白に凍り付いていた。昨夜の満月はとてもきれいで、クリスマスの夜の満月ということで嫁さんに大騒ぎで知らせたら、「そうね」の一言でへこんだ。しかし、めげずに写真を撮りに出かけ、近くの田んぼの中で撮影。地平線付近に雲が流れ、なかなか月が姿を現さずに絵になる写真は撮れずじまい。ふと思い出し、近くのクリスマスイルミネーションをがんばっている家のそばに行ってみた。イルミネーションと月を一緒に撮れば、結構いいんじゃないかと考えたのだ。しかし、家の上には邪魔な電線。さらに、家の窓には明かりがついている。なかなかいい感じに撮れなかったが、しばらく粘って撮影。寒くなったので撤収した。まだ、写真の処理は終わっていないが、次の機会は2034年(?)とか。もう生きてはいないかもしれないので、とりあえず見て撮れて良かった。

 さて、今朝の太陽は相変わらずもやの中だった。PM2.5なのか、朝靄なのか分からないうちに雲が広がってきて、11時にはすっかり曇ってしまった。朝急いで撮影したので、シーイングも今ひとつで、しゃっきりしない写真となった。

可視光
2015年12月26日 8時42分 10枚をステライメージ7でコンポジット・階調補正・色補正後 PhotoshopCCで調整
Borg 76ED ビクセンエクステンダー使用 約940mm キャノン X3

e0174091_11044008.jpg

Ha QHY5L-Ⅱ全体像
2015年12月26日 
LUNT LS50THa QHY5L-Ⅱ SP赤道儀 AutoStackkert!2で処理後PhotoshopCCで処理
薄雲越しの撮影で、今日も今ひとつ。

e0174091_11054592.jpg

Ha QHY5L-Ⅱ拡大撮影  
LUNT LS50THa プロ-セル10mmで拡大 QHY5L-Ⅱ SP赤道儀 AutoStackkert!2で処理後PhotoshopCCで最後の仕上げ

e0174091_11120132.jpg
e0174091_11120597.jpg
e0174091_11121032.jpg
e0174091_11121419.jpg




# by astrokcao | 2015-12-26 11:12 | 太陽写真 | Comments(0)
今朝も晴れ。しかし、すっきりとしない天気だ。昨日よりはずいぶんと風が冷たく感じる。10時前から撮影を開始。可視光ではつい忘れて窓ガラス越しに撮影してしまい、なんだかしまらない写真となった。Haで見ると、昨日に引き続き大きなプロミネンスが見えている。かなりゆらゆらだったので、あまり細部はよく分からない。

可視光
2015年12月25日 9時50分 10枚をステライメージ7でコンポジット・階調補正・色補正後 PhotoshopCCで調整
Borg 76ED ビクセンエクステンダー使用 約940mm キャノン X3

e0174091_19152647.jpg

Ha QHY5L-Ⅱ全体像
2015年12月25日 
LUNT LS50THa QHY5L-Ⅱ SP赤道儀 AutoStackkert!2で処理後PhotoshopCCで処理
薄雲越しの撮影で、今ひとつ。

e0174091_19162826.jpg

Ha QHY5L-Ⅱ拡大撮影  
LUNT LS50THa プロ-セル10mmで拡大 QHY5L-Ⅱ SP赤道儀 AutoStackkert!2で処理後PhotoshopCCで最後の仕上げ

e0174091_19172749.jpg
e0174091_19174408.jpg




# by astrokcao | 2015-12-25 19:17 | 太陽写真 | Comments(0)
今朝起きたら、ものすごい霧で太陽がよく見えなかった。雲も流れてはいるのだが、その雲がよく見えない。仕方がないので、猫を屋上に連れて行き、しっかりとブラッシング。満足したところで下ろし、とりあえず可視光で撮影してみた。しかし、Haに移ろうとしたところでしっかりと曇ってしまった。そこで、今日は雨戸を外してきれいに洗うことにして作業を始めた。全部外して駐車場に並べたところでふと空を見ると、晴れているではないか。早速、2階に上り撮影再開。結構大きなプロミネンスが出ていて、目で見るととてもきれいだった。拡大撮影まで終わったので終了。ファイルの転送をさせておいて作業再開。しかし、あまりの暑さに思わずTシャツと短パン姿での作業となった。クリスマスイブにこの格好とは! ここは南半球だろか? 暖かいのは大掃除をする身にとっては大変うれしいことだが、これでいいのかね??

可視光
2015年12月24日 9時8分 PhotoshopCCで階調補正・色補正調整など
Borg 76ED ビクセンエクステンダー使用 約940mm キャノン X3
雲の中での撮影で、かなり汚い画像となったが、黒点は賑やかだ。

e0174091_18041557.jpg

Ha QHY5L-Ⅱ全体像
2015年12月24日 
LUNT LS50THa QHY5L-Ⅱ SP赤道儀 AutoStackkert!2で処理後PhotoshopCCで処理

e0174091_18044940.jpg

Ha QHY5L-Ⅱ拡大撮影  
LUNT LS50THa プロ-セル10mmで拡大 QHY5L-Ⅱ SP赤道儀 AutoStackkert!2で処理後PhotoshopCCで最後の仕上げ

e0174091_18051613.jpg
e0174091_18052099.jpg
e0174091_18052550.jpg


# by astrokcao | 2015-12-24 18:05 | 太陽写真 | Comments(0)
今日は一日中雨。猫も静かで寝てばかりいると思ったら、実は朝6時過ぎに嫁さんにおねだりをして屋上に行ってきていたらしい。全く知らずに爆睡。とりあえず時間があるので、19日の月を再処理してみた。今回はRegistax6で処理。しかし、少しやり過ぎだったような気がする。難しい。

e0174091_16000423.jpg

# by astrokcao | 2015-12-23 16:00 | 天体写真 | Comments(0)
 今朝早く起きて空を眺めては見たが、深い霧に覆われていたので安心して二度寝。ずいぶんとひどい霧だったのだが、天気は回復傾向にあった。とりあえず9時前に屋上に上り、可視光で撮影した。Hαで撮影を始めたとたんに曇ってしまい、しばらく待ったがだめだったので撤収。
 この際だからと冬の寒い時期の観測方法を考えてみた。屋上では吹きっさらしで寒いしいろいろと不都合もある。風が強いので、日よけの板が飛んでしまうし、屋上がぬれていると観測機材の扱いに気を遣う。さらに、屋上に上る螺旋階段が凍っているときは、気合いを入れて上らないと滑ってしまう。なにせ、猫が足を滑らせるぐらいだ。
 そこで、2階の自分の部屋から横着をしながら撮影できないかなと考えた。しかし、シーイングに影響が出て写りが悪くなるのではないかと、それが心配だった。それでも、とりあえず赤道儀を下ろして準備をしてみた。室内から太陽が出てくるのを待っていると、9時30分過ぎにようやく見えてきた。とりあえず撮影を進めガラス越しの一枚まで撮って終了した。処理をしてみると、それほどの画像の劣化もなく使えるのではと感じた。
 その後、11時過ぎに快晴となったので、更に撮影を進め処理をしてみた。その結果、室内から撮っても入り口のドアを閉めておけば大丈夫という結論に達した。あとは、赤道儀が室内に鎮座している状況を嫁さんがどう思うかだが。さりげなく分解して転がしておいて、その風景になれてきたところで、組み立てて放置という作戦でいこうと思う。もし何らかのクレームが発生した場合、とりあえず寒い時期だけだからということで切り抜ける作戦だ。とにかく、室内で撮影できるメリットは大きい。風の心配がいらないし、太陽の直射から逃げることが出来るので、液晶画面がよく見えるということもある。しばらくこれでいってみよう!!

可視光
2015年12月22日 9時1分 PhotoshopCCで10枚をコンポジット・階調補正・色補正調整など
Borg 76ED ビクセンエクステンダー使用 約940mm キャノン X3

e0174091_20232048.jpg

Ha QHY5L-Ⅱ全体像
2015年12月22日 
LUNT LS50THa QHY5L-Ⅱ SP赤道儀 AutoStackkert!2で処理後PhotoshopCCで処理

e0174091_20333621.jpg

Ha QHY5L-Ⅱ拡大撮影  
LUNT LS50THa プロ-セル10mmで拡大 QHY5L-Ⅱ SP赤道儀 AutoStackkert!2で処理後PhotoshopCCで最後の仕上げ

e0174091_20342478.jpg
e0174091_20342827.jpg
e0174091_20343322.jpg


# by astrokcao | 2015-12-22 20:34 | 太陽写真 | Comments(0)
 今朝は朝から雨。かなりひどい雨で、本降りといったところだ。反面、暖かい朝となった。雨では太陽は見えないので、安心して年賀状作りに精を出すことにした。今年は少し減らしたいと思いながらも、結局100通ほどになってしまうのはいつものことだ。昼前には完成して投函。記録的な速さだ。いつも年末ぎりぎりにしか完成しなかったのが、締め切り前に出せたなんて。これも、オールサンデーズクラブ様々だ。
 郵便を出しに行って帰ってきてみると、次第に外が明るくなってきた。日も差している。慌てて屋上へと急ぎ撮影準備。可視光は撮れたものの、あっという間に雲が湧いてきて曇ってしまった。ちょうど頭上で雲ができているらしい。西にある雁回山の影響で西風が吹くと頭上に雲が湧くのだ。何とか粘っていると、時折雲の切れ間が覗き、Haでも静止画像を何枚か記録できた。
 というわけで、Haは静止画一枚から処理したものなので、とても粗い出来になっている。いつもは400枚を重ねて処理をしている訳なので、その差は歴然としているわけだ。それはさておき、とりあえず記録は出来たということで。

可視光
2015年12月21日 12時16分 PhotoshopCCで10枚をコンポジット・階調補正・色補正調整など
Borg 76ED ビクセンエクステンダー使用 約940mm キャノン X3

e0174091_14574192.jpg

Ha QHY5L-Ⅱ全体像
2015年12月21日 
LUNT LS50THa QHY5L-Ⅱ SP赤道儀 AutoStackkert!2で処理後PhotoshopCCで処理
雲を通しての撮影で、しかも一枚だけの静止画像なので、ムラと荒さが目立つ。

e0174091_14581930.jpg


# by astrokcao | 2015-12-21 14:59 | 太陽写真 | Comments(0)
19日早朝のとほほなカタリナ彗星の写真を、ダメ元で処理してみた。60秒露出を7枚コンポジット。少しはまともな感じになったような気がしないでもない。海外の写真には素晴らしいものがあり、まだまだイオンの尾も活発に変化しているらしい。その一端が見えるような見えないような。

e0174091_17512163.jpg

# by astrokcao | 2015-12-20 17:51 | 天体写真 | Comments(0)