人気ブログランキング |
ブログトップ

お手軽天体写真

astrokcao.exblog.jp

天体写真のページ

カテゴリ:天体写真( 174 )

今朝は冷えた。朝4時前には目覚めたのだが、4時30分まで布団でぐずぐずしていたのが間違いだった。急いで防寒の用意をして屋上へ上ると、北西の方角に雲が見える。北の方低くにも雲がたなびいている。これは雲がやがて全天を覆う兆候だ。まずい!急いでスライディングルーフを開けて、セットしておいたカメラの電源を入れる。フォーカサーの設定を済ませ、ピント出し確認。アークトゥルスで位置決めを済ませ、カタリナ彗星を導入、すぐに撮影開始。ここまでおよそ10分というところか。パソコンの電源を入れて待機させておいたのが良かった。しかし、1枚目が終了したところでそろそろ薄雲がかかり始めた。結局満足な写真は、最初の一枚だけという結果に終わった。こんなことなら、布団からあと10分でも早く出ていれば良かった。無念。

カタリナ彗星 C/2013 US10
2015年12月19日 4時47分 ISO1600 60秒露出
タカハシ ε-180ED キャノン 6D タカハシ EM-200 ノータッチガイド

e0174091_05513338.jpg

by astrokcao | 2015-12-19 05:51 | 天体写真 | Comments(0)
昨日は天文台で忘年会後そのまま観測会となった。夜半過ぎまで熊本大学天文部の皆さんで写真撮影。6D改造機を持ってきた学生がいて、冬の散光星雲に挑んでいた。その後、仮眠をとり4時には起き出してカタリナ彗星に向けて準備を始めた。今回は高田さんも撮影するということなので、41cmは高田さんに譲り、私は同架してあるペンタックスの105SDHFで撮影することにした。夜のうちにフードを作って朝露に備えておいた。いろいろとドタバタはあったのだがとりあえず撮影も無事に終了。双眼鏡で見る彗星はとてもきれいだった。最後に41cmで彗星を眺めて観測終了となった。きらりと光るコマが印象的だった。

カタリナ彗星 C/2013 US10
Pentax 105SDHF 直焦点 キャノン6D ISO1600 自動追尾
露出 60秒を7枚 120秒を1枚コンポジット

e0174091_17380204.jpg

写りは今ひとつだったように思う。もう少し露出を伸ばしてみたかった。それと暗い空が欲しい。


by astrokcao | 2015-12-13 17:38 | 天体写真 | Comments(0)
今朝も晴れた。寝室からオリオン座が西の空にきれいに見えていたので起床。屋上へ。撮影をパソコンに任せながら、双眼鏡で眺めてみる。5cm7倍の双眼鏡でもしっかりと見えている。かすかに尾も見えるような気もするが、どうかな。とりあえず処理をしてみた。1分露出を10枚コンポジット。フラットなし。

e0174091_07090523.jpg

by astrokcao | 2015-12-12 07:09 | 天体写真 | Comments(0)
今朝は目覚ましを4時50分にセットしておいたので、ちゃんと起床。しかもスヌーズだったので、強制的に起き出すことになった。空を見るとオリオン座が輝いていた。急いでしっかりと着込んで屋上へと急ぐ。カメラをセットしようとして、補正レンズを忘れたことに気がついて取りに降りる。まだ寝ぼけている。何とか撮影を始めると、昨日とはずいぶん違って立派に写っている。しばらくすると輝星の周りがにじんできた。これは鏡が曇ったのかとドライヤーを出して吹き付けてみるが効果ない。どうも目には見えないが薄雲があるらしい。時間をロスしながら撮影続行。とりあえず撮り終えて東の空が明るくなってきた。すると、東の空を中心に薄雲が流れている。風景写真的にはなかなか絵になるのだが、彗星写真には悲しい空だった。西の空はきれいなのに!!

夜明けの東天

e0174091_11310902.jpg

とりあえず朝食前に一枚だけいじってみた。PhotoshopCCでいじっただけのものだが、まあこんなものか。残りは後で処理をしてからということにする。太陽写真も撮らなくては。

カタリナ彗星
2015年12月9日 6時5分15秒 60秒露出
タカハシ ε-180ED 500mm F2.8
キャノン 6D ISO800

e0174091_07042281.jpg

60秒露出を10枚コンポジットしてみた。例によって回転してしまっているが、イオンテイルはよく出た。活発な活動がうかがわれる。それにしても薄雲があっても、月がないとこんなに良く写るのかと改めて感じた。

e0174091_09595767.jpg

更に処理を進めました。まだ暗いうちの写真を7枚合成しました。
雲があるので、むらむらです。
e0174091_15042691.jpg



by astrokcao | 2015-12-09 07:02 | 天体写真 | Comments(0)
今朝のカタリナ彗星。月と金星のすぐそばに来るというので狙ってみたが、月の影響は大きかった。イオンの尾が写らない。しかも、変なムラができてしまった。月の光が望遠鏡に入ってしまったようだ。というわけで情けない写真となった。

1枚目は彗星角を基準点としてコンポジットしたもの。星が回転してコンポジットされていた。しかし、イオンの尾は出てきた。

e0174091_18254631.jpg
2枚目は星を基準にそのままコンポジットしたもの。

e0174091_18232550.jpg
少しいじったもの
e0174091_18233516.jpg
どちらも10枚使っている。露出は45秒と30秒。途中で空が明るくなってしまったので30秒に減らしている。

e0174091_11322892.jpg

明日の朝は晴れそうだが、起きられそうにはない。徹夜が応える年になってしまった。

by astrokcao | 2015-12-08 18:24 | 天体写真 | Comments(0)
12月2日にカタリナ彗星がでてくるのを待つ間に撮影したスバルです。今回は星像のテストを兼ねての撮影です。どうしてもATIK383L+で撮ると片ぼけが出るので、その原因を探る意味での撮影です。今回の画像ではそれほど顕著な片ぼけはありません。ATIK383L+の撮像面よりは少し広い範囲をトリミングしていますが、まずまずです。ということはATIK383L+からフィルターホイールを含めた部分に問題がありそうです。少しずつ問題を絞り込んでいきたいと思っています。

「スバル」 2分露出×4枚 ステライメージでフラット補正後コンポジット その後PhotoshopCCで処理
      タカハシ ε-180ED キャノン6D ISO800 EM-200 K-astek改 QHY5L-Ⅱ+6cmガイド鏡による自動ガイド 気温 5.6℃

e0174091_18570867.jpg

by astrokcao | 2015-12-03 18:57 | 天体写真 | Comments(0)
昨夜は快晴。しかし、つい誘惑に負けて田酒をぬる燗で飲んでまったりとしていた。

ところが、突然JUROさんから電話が。「今日はいいよ。明日からは天気はだめそうだし、カタリナはイオンの尾を吹いて見応えがあるよ。やっぱり視野が広くて明るい光学系で撮って欲しいなあ。イプシロンなんかいいんじゃないでしょうかねえ?えー、飲んだくれてる?私は禁酒中ばい!いつ天気が良くなって観測せなんかもしれんから。酒なんか飲どらんで写真ばとらなん。うんぬんかんぬん・・・・・・」後の方はよく覚えていない。

しかし、そこまで言われては撮らないわけにもいかず、しっかりと着込んで屋上に上った。今日は彗星が目的だから、デジ1の出番。6Dを使ってみた。しかーし、カタリナが出てくるのは明け方5時頃だ。22時前に屋上で準備を始め撮影できるようにしたのだが、朝5時までどうしようと思ってしまった。いったん寝てしまえば確実に朝まで爆睡だ。仕方がないのでパンスターズ彗星を2つ、順に撮ってみることにした。途中で星像確認を兼ねてスバルやオリオン大星雲なども撮っておいた。今回はノーマル6Dなのでこんなところか。

パンスターズ(C/2014 S2)は北の空低いところをじわじわと上ってくるので、光害の中から抜け出せず高度も上がらないので我が家からはなかなか厳しい対象だ。とりあえず朝まで徹夜で撮影をして夜明けを迎えた。しかし、6時には薄明が始まるのであまりゆっくりと撮影もできなかった。一応フラットとダークも撮っておいたのだが、眠くて手抜き処理でごまかした。とりあえずということで。

C/2013 X1 パンスターズ彗星

e0174091_16583943.jpg

C/2014 S2 パンスターズ彗星

e0174091_11215820.jpg

C/2013 US10 カタリナ彗星

e0174091_11225404.jpg

昼食を撮ったら昼寝だ!!

夕方、フラット・ダーク処理をした画像23枚をコンポジットして処理をやり直してみた。フラットが完全ではないのだが、まずまずかな。

e0174091_18541074.jpg




by astrokcao | 2015-12-02 11:23 | 天体写真 | Comments(0)
 今夜はハロウィン。しかし、我が家には縁がない。それどころか、地域の稲荷神社の例祭のためにしめ縄を作りに行ってきた。街は賑やかでしょうな。
さて、今夜はそんなハロウィンの夜に小惑星が地球近傍を通過するということで結構話題になっていた。J氏から撮影しないのかといわれて、撮影準備をした。しかし、順調に撮影が進むかと思ったところで、撮影用に新しくしたパソコンが壊れてしまった。仕方がないので急遽古いパソコンにつなぎ直して撮影を続行することにした。そんなごたごたで、汚い写真しか撮れなかったが仕方ないかな。

タカハシ ε-180ED ATIK383L+
露出 60秒 モノクロ

e0174091_01110298.jpg

by astrokcao | 2015-11-01 01:11 | 天体写真 | Comments(0)
 昨夜も快晴。天文台は次々とお客さんが途切れることなく続いて、結構な賑わいだった。しかも、月夜で秋の夜空ということであまり見るものもない中、しっかりと遅くまで楽しんで行かれた。中に、20年以上前に担任した生徒が親父になって来台。昔語りに花が咲いた。

 10時30分頃までお客さんの相手をしてから、月を撮影してみた。望遠鏡もしっかりと外気になじみ、撮影条件としてはばっちり。しかし、2400mmの焦点距離は月をとるにはかなり長い。1/3インチのCMOSカメラなので、何枚モザイク合成すればいいのやら・・・!結局、何カ所か旨く撮れていないところがあって、どうしても月面全体はモザイク合成ができなかった。もう少し大きなCMOSカメラが欲しいところだ。しかし、狭い分、視野の平面性がよいので合成すると素晴らしい。今回は一部分だけの合成。

満月を狙ってみたいが、その気力と集中力を持続できるかどうか。また、シーイングが最後まで一定に保たれるかも問題。

月   2015年10月24日
ミカゲ 410型 41cm反射赤道儀 口径410mm 焦点距離 2460mm F 6 直焦点
ZWO ASI120MC カラーカメラ 各200フレーム AutoStackkert2で処理後PhotoshopCCでマージ後最終処理

e0174091_11305864.jpg

e0174091_12142975.jpg
e0174091_12143771.jpg
e0174091_12150372.jpg




by astrokcao | 2015-10-25 11:31 | 天体写真 | Comments(0)
夕方あまりに月がきれいだったので、久しぶりにGINJI-200Nという笠井トレーディング製の20cmF6ニュートン鏡筒を使って覗いてみた。しかし、結構重いため、ビクセンSPやGP赤道儀では無理。そこで、これまたお久しぶりのタカハシ90S赤道儀を引っ張り出してきた。バランスウェイトは3個ぶら下げてやっと何とかという有様だ。それでも、K-astekで改造した両軸駆動のAGS-1Sはとっても使い心地が良くて、月を堪能した。

e0174091_20401008.jpg
e0174091_20401523.jpg

眺めるだけではもったいないので撮影も行った。いつものQHY5L-Ⅱを使って9枚モザイク撮影だ。500フレームずつ記録して、処理後合成した。鏡が冷え切っていなかったので、ゆらゆらとした画像だったが、この程度までは復元できた。最後の一枚を撮り終わったところで、月は雲の中に入り何とかセーフ。

2015年10月23日 18時32分~40分 各500フレーム 9枚コンポジット
笠井 GINJI-200N D:200mm Fl:1200mm F6直焦点
タカハシ 90S K-astek 改

e0174091_20391105.jpg

by astrokcao | 2015-10-23 20:39 | 天体写真 | Comments(0)