人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

お手軽天体写真

astrokcao.exblog.jp

天体写真のページ

8月5日 QSI583wsの試写 その2

この日はとてもいい天気で、乾燥していた。遠くの山もくっきりと見えていたので、疲れていたがついつい屋上へ。
しかも、お酒を飲まずにだ!!

パソコンを点検していたので、合わせて屋上に持ち上げいろいろと準備をして撮影開始。
前回は、いろいろと不具合が出まくったので、いろいろと原因を考えていたのだが、どうもUSBケーブルに問題があるようだ。
オートガイダー用をごついケーブルに交換して撮影すると、調子よく進んだ。
今回は、まだ空が明るい中にフラットを撮影しておいた。とにかく、ダークまで撮影して準備は完了。

最初はM8、次にM20、M33、M45と撮影を進めた。

結果は、まずまず使えるかなというところだ。ただ、作品にするつもりなら一晩でⅠ作品になりそうだ。

処理は、ステライメージ9のコンポジットパネルにライトフレーム、ダークフレーム、フラットフレーム、フラットダークをぶち込んで、お任せで処理。
その後、RGB合成をしてさらにLRGB合成をして、PhotoshopCCに渡して処理をして完成という流れ。

M8とM20はライトフレームが20分(1分×20枚)、RGBそれぞれ1分×5枚。M33はライトフレーム90秒×20枚、RGBそれぞれ90秒×10枚
8月5日 QSI583wsの試写 その2_e0174091_15400038.jpg
8月5日 QSI583wsの試写 その2_e0174091_15400745.jpg
8月5日 QSI583wsの試写 その2_e0174091_15524938.jpg
8月5日 QSI583wsの試写 その2_e0174091_15401688.jpg
8月5日 QSI583wsの試写 その2_e0174091_18013615.jpg

とりあえず、この冷却CCDでの撮影はうまくいったようだ。処理の流れもスムーズで、フラット処理もほぼ問題ないので楽だった。この調子で少ししっかりと撮影していきたい。ただ、惑星シーズンでもあるので、そろそろC-11に載せ替えるかどうかで迷っている。どうしたもんかなあ。

by astrokcao | 2021-08-08 15:43 | 機材 | Comments(0)