ブログトップ

お手軽天体写真

astrokcao.exblog.jp

天体写真のページ

35cmで撮った土星

昨夜は熊本県民天文台の一般公開の日。7時前には行って準備をしていた。

すると中学校1年生の息子とその母親の2人が来台。夏休みの自由研究に彗星について調べたいということだったので、それはもちろん専門家のJ氏の登場だ。いろいろとありがたいお話を聞かせてもらう中に、外が暗くなったので観測室へ移動。

火星と土星を中心に観察。土星はあまりのきれいさに、「なんだか嘘くさい?」と母親は最後までつぶやいていた。たくさん募金を頂いて終了。

この日は、初めてこの望遠鏡に触る人も多かったので、使い方講習会を実施。自動導入を使ったことがある人ばかりなので、それほどの混乱もなし。まずまずの結果だった。

最後に、例の6,800円のカメラが登場。土星を撮ってみた。2倍バーローを使って合成焦点距離が約7mほどになるはず。しかし、ピント合わせが一苦労だ。とにかく揺れまくってピントノブに触るのが難しい。モーターフォーカサーは必需品かもしれない。

とりあえず処理をしてみた。

共通データ
ミードLX-200-35ACF  35cm F10
笠井 2インチ2倍バーロー
AutoStackert!2 Registax6 PhotoshopCC stellaImage7

まずはモノクロ QHY5L-Ⅱ
e0174091_09280677.jpg

次はカラー Aptina ARO 130カラーC-MOSカメラ
e0174091_09284986.jpg

最後にL-rgb合成
e0174091_09293494.jpg

土星の高度が低いので、色分散が出てしまっている。これ以上はプリズムが必須。またお金がねー・・・。

そこで、カラー画像をRGB分解して位置合わせをやり直して再び合成。この画像を使ってL-rgb合成をやってみた。少しは色ずれが軽減された。

e0174091_10284002.jpg

e0174091_10594315.jpg



[PR]
by astrokcao | 2016-07-31 09:30 | 惑星 | Comments(0)