ブログトップ

お手軽天体写真

astrokcao.exblog.jp

天体写真のページ

【熊本地震】震災日記 その11 & 5月8日の太陽

今日は、連休で帰省していた息子が帰る日だ。朝少し早めに家を出ることにした。先日の渋滞を考えてのことだった。ところが、道を進んでも全く渋滞はなく、順調に熊本駅に着いてしまった。途中、少し回り道をして熊本城を正面から眺めながら通ってみた。天守閣が大きく損傷しているのが分かった。

 しかし、熊本市中心部を通ってみても、全く地震の痕跡が見当たらない。もちろん詳細に眺めると、古いビルなどにはクラックが走っていたり、古い民家が傾いていたりする。しかし、町全体としては全く地震の影響を感じることができなかった。熊本市の対応がなんとなく鈍いのは、こんなところに原因があるのかもしれない。周辺部の情報がきちんと中央に伝わっていないのではないかと感じられた。

 その後、息子を新幹線のホームで見送って、今度は熊本城の中に向かった。二の丸駐車場は使えるので、そこの車を止めて眺めた。しかし、その被害の大きさにびっくりした。
e0174091_18162109.jpg
大天守の惨状
e0174091_18163708.jpg
それに引き替え宇土櫓は健在
e0174091_18165022.jpg
宇土櫓
e0174091_18165792.jpg
テレビでよく出てきた櫓
e0174091_18170649.jpg
かろうじて止まった
e0174091_18171388.jpg
結局、最近になって復元した石垣が軒並み崩れている。400年前の木造の宇土櫓はほとんど無傷なのには驚いた。大天守はコンクリート造で重たいのが石垣崩落の原因かな。修復は何年かかるやら・・・

 今日の太陽は、雲の切れ間の撮影で、あまりぱっとしない。太陽面自体は大変賑やかだった。

e0174091_18222619.jpg
e0174091_18223232.jpg

by astrokcao | 2016-05-08 18:22 | 太陽写真 | Comments(2)
Commented by くまもとのいで at 2016-05-08 21:54 x
こんばんは。

近年作り直した熊本城の石垣は肝心の石が手に入らずに
丸っこい形でくみ上げたみたいです。
江戸時代のものは細長い根っこのある形だそうです。
同じ石を持ち上げて組みなおしてもまた100年後に
崩れてしまうかも?
それにしても余震が収まる気配がありません。
体感する地震は2回/hくらいです。

「どん!ごぉ~(ゆらゆら)」

その都度ドキ!っとするので疲れます。
この3週間で一生分の地震を食らってると思います。

太陽を観たいのですがお天気がパッとしませんね。
ハヤブサ赤道儀もまだ使えておりません。
(前回初めて使った日に前震が来た)
Commented by astrokcao at 2016-05-09 17:01
> くまもとのいでさん
 本当に毎日毎日の地震で、気持ちが暗くなります。特に今日は大きな地震が多くて、不気味です。熊本城の石垣は、やっぱりそうなんですよね。石神山あたりから切り出したデーサイトという安山岩系統の石ですもんね。今は採掘していませんから、まったく同じ石を使うことはできません。それにしても、400年前の方が技術が上ですかね。

 太陽、見えませんね。今週末には見えそうですが・・・