ブログトップ

お手軽天体写真

astrokcao.exblog.jp

天体写真のページ

【熊本地震】震災日記 その8 & 5月4日の太陽

 今日は朝から快晴。昨日の暴風雨が嘘のようなさわやかな夜明けだった。ゆっくりと寝て朝食をとり屋上に向かう。可視光で撮影しながら、猫のブラッシング。その後、Ha撮影の準備をしていると、いきなり揺れる。震度4くらいかなあ。しかし、屋上にいたせいか、いつもより揺れがえぐい。とりあえず、ちょっと身構えながら撮影を終了。しっかりと猫と遊ぶ。

 中学校の事務の先生から、支援物資をいくらか残してあるとの連絡があったので、取りに出かけようとしていると携帯に電話が入った。大学の同級生からだった。しばらく前に電話が入って、何か手伝えないかと行ってきたので、冗談半分で酒を送ってくれといっていたのだが、今日来るというのだった。松橋インターの出口で待ち合わせということで話がついた。とりあえず中学校へと物資を取りに出かけた。その後、松橋インター近くのデイリー山崎の駐車場で待っていた。ふと、インターの出口を見ると、なにやら大きなボードを振りかざす職員が一人いるのが見えた。しかも、そのボードを見た車が軒並みUターンしていくのを見て、近くまで様子を見に行った。そこで、声をかけて聞いてみると、震度4の揺れがあったので御船から八代までの区間が調査のため通行止めになっているということだった。そこで、電話をかけてみるとあまりの渋滞で北熊本の次で一般道に降りたということだった。

 とりあえず、天文台の様子をのぞいて公民館へと行ってみた。ちょうど県議会議員がやってきていて、集積した災害ゴミの収集についての報告中だった。そうこうしているうちに、自衛隊の車両やゴミ回収車(バックパッカー)がやって来た。自衛隊は物資の運搬。ブルーシートと土嚢袋が届いた。ブルーシートは屋根の雨漏りと崖の地割れに雨水が入り込むのを防げため。土嚢袋は割れたガラスや食器などを入れるために必要。もちろん瓦を入れるのにも使えるが、枚数がいかにも足りない。ブルーシートは一人3枚。土嚢袋は10枚までと制限した。いろいろと気を遣うことおびただしい。

 とにかく、今日から物資は直接藤山公民館に配送してもらえることになった。水を要請すると不審な顔をされたので、水道が整備されていないので各戸それぞれ自分で井戸を掘って使っていることを説明すると、自衛官は「信じられない!!!! 政令市 熊本市でしょう?????」という顔をして驚いていた。とにかく飲み水の確保が緊急の課題。

 福岡からやって来た友達は無事に到着。一升瓶を2本も持ってきてくれた。息子が帰省しているから二本なんだそうだ。とにかくありがたい。いろいろと話して盛り上がり、その後地区を案内して回った。持つべきものは、飲み友達だなあ・・・ 大学時代、毎朝講義に遅れないように起こしに行っていたことを思い出す。のんべの友は永遠の友だな。

 午後は、公民館のお世話をした後、天文台の片付けをした。とりあえず大きなガラスを土嚢袋に詰め、壊れたスチールロッカーを外に出し、台所の壊れた食器類をすべて廃棄した。とりあえず土嚢袋に入れて玄関に置いておいた。明日、軽トラックを借りてロッカーと土嚢袋の埋め立てゴミを運ぼうと思っている。息子がいる間の勝負だ。息子の方が力が強いことを知ってちょっと凹んだ。体重差かなあ・・・

 さて、今日の太陽はなかなかすごかった。プロミネンスが北半球に何本も立ち上っていた。しかし、シーイングはあまり良いとはいえなかった。とりあえずこんなものか。

e0174091_22051930.jpg
e0174091_22052417.jpg
e0174091_22053081.jpg
e0174091_22054172.jpg
e0174091_22054798.jpg
e0174091_22055242.jpg
e0174091_22055632.jpg

by astrokcao | 2016-05-04 22:06 | 太陽写真 | Comments(0)