ブログトップ

お手軽天体写真

astrokcao.exblog.jp

天体写真のページ

昨日は中秋の名月。何とか晴れそうだったので、5時過ぎから準備をして家を出た。この日の目標は「甲佐岳をバックに昇る月」。一応目星をつけて置いた場所に行ってみるが、電線があったり木がたくさんあって麓まで見通せないなど今ひとつ。

そこで、甲佐の方へ移動して麻生原のキンモクセイを過ぎて更に東に進むといい場所に。早速三脚を立てて準備をしていると、雲の中から月が見えてきた。

この日はNikonD5000とKissX5の2台で撮影。レンズはいろいろ持って行ったが、結局キットレンズを使用してしまった。まあこんなものだろう。

しかし、なかなかきれいな月だった。雲がたなびいているのがまたいい感じだった。

e0174091_13425513.jpg
e0174091_13432554.jpg
e0174091_13432908.jpg
e0174091_13433456.jpg
e0174091_13433908.jpg

[PR]
by astrokcao | 2017-10-05 13:43 | | Comments(2)
昨夜は木星が月のすぐそばに接近した。天文台から帰っての撮影。家の前にポルタを出してSharpstar50ED+ボーグレデューサーを組み合わせてKiss5で撮影。約300mmなので事前に調べておいたように同一視野に入った。とりあえず何枚か撮影して終了。やはりフルサイズで500mmほどはないと木星ははっきりと写らない。残念!

e0174091_15404080.jpg

[PR]
by astrokcao | 2017-07-02 15:40 | 天体写真 | Comments(0)
4月1日(土)は天文台の運営日。しかも晴れたらアルデバラン食が夕方の西空で見えるということで、少し前から事前準備を進めていた。ボーグの76EDにエクステンダーをつけて940mmほどにしてカラーC-MOSカメラで撮影する予定だった。一応ソニーNEX5もつけて持って行った。

Juroさんから早く来いとの電話があり、結構早めに天文台に着いた。赤道儀はSPDX。電源を持参して極性変換ケーブルを通して給電。とりあえず動くことを確認して月に向ける。潜入はNEX5で撮影することにしてピントの確認をしてから、夕食の弁当を食べる。

6時30分前から撮影準備をして待つが、少し雲がある程度で月の周りは良く晴れている。潜入直前から5秒間隔で撮影。潜入直前の写真がこれだ。
e0174091_11142973.jpg
次のコマにはもう写っていなかった。

出現に備えてC-MOSカメラに付け替えて待機。月が画面に入ったところでピントを出しておいた。しかし、次第に雲が厚くなり、出現1分前に少し見えたのを最後にとうとう見えなかった。その後後始末をして20:30過ぎに天文台を出る頃には雨が降り始めていた。

Juroさん、お疲れ様でした。


[PR]
by astrokcao | 2017-04-02 11:17 | 天体写真 | Comments(0)
昨日も今日もとてもきれいな夕焼けだった。しかも、月と金星が接近しているので、なかなか素敵な空だった。

1月30日
e0174091_18543297.jpg
1月31日
e0174091_18544839.jpg

[PR]
by astrokcao | 2017-01-31 18:54 | 天体写真 | Comments(0)
14日はスーパームーンということで盛り上がっていたが、熊本は雨のち曇りの空模様。とうとう一晩中見えなかった。

15日は夕方から晴れたので、一日遅れで撮影。残念!!

e0174091_06145315.jpg

[PR]
by astrokcao | 2016-11-16 06:15 | 天体写真 | Comments(0)
6月13日(月)は午後からいい天気になったので、懸案だった「月を見る会 in 避難所」を実施してみた。前回の観測会では惑星を見てもらったのだが、「次は月ですよね。月が見えるときにまた来ますね。」と気楽に行って分かれた。しかし、それから10日過ぎてしまって上弦の月も過ぎようとしている。このままずるずるとしていると、
月が見えなくなってしまう。しかも梅雨!!

というわけで、急遽今夜実行することにした。本当は街づくり倶楽部の例会があるのだが、そこは断りを入れておいた。しかし困ったことに、いつも積んでいるC8(20cmシュミットカセグレン)は車の中で煮えていた。とても像が落ち着くまで時間がかかりそうだったので、今日は屈折鏡筒を使うことにした。10cmと15cmで迷ったのだが、赤道儀を持ち出すのが面倒なので、ビクセンGP赤道儀に10cmF10 屈折という組み合わせにしてみた。100倍ぐらいまでで見れば、アクロマートでもそんなに破綻しない。像のコントラストがいいので見やすいような気がする。

19時頃から設営をはじめ、19時20分にはすでに人が集まってきた。まだ明るい空の中、月を見てもらったが、それなりに感動してくれるのがうれしい。次第に空が暗くなってきたところで、本格的にのぞいてもらった。クレーターがはっきりと見えると、評判は上々だった。少し経つと、皆さん携帯やスマホを取り出して撮影開始。延々ととり続けてかなりの盛り上がりだった。最後は、木星、火星、土星と惑星を見てもらって終了。土星はくっきりと見えて大好評だった。

e0174091_17561114.jpg
e0174091_18022502.jpg
e0174091_18023282.jpg
e0174091_18023815.jpg

とりあえず、今回で月は終了。次はなんだろうなあ。


[PR]
by astrokcao | 2016-06-13 23:00 | 天体観測会 | Comments(0)
 今日は夜になると、月がとってもきれいだった。熊本地震後屋上の観測室の中は、ざっとは片付けたのだが、実際に動作確認は行っていなかった。さわやかな夕暮れに誘われて、今夜動作確認を行うことにした。

 スライディングルーフを開けようとしてみると、留め金やかすがいが落下しているところがいくつか見つかった。ルーフを開けてみると、大きな音を立てながら無事に開いた。よかった!!

 月に望遠鏡を向けてみた。赤経赤緯方向とも特にガタも無く、スムーズに動いていく。追尾も問題なく、とりあえずは一安心。写真を撮ってみたが、まだ鏡も冷えていない割には、まずまずだった。しかし、シーイングは悪く木星はあきらめた。もう少し落ち着いたら、きちんと光軸を確認して撮影するつもりだ。

 とりあえず、今夜の月。

e0174091_22313955.jpg

[PR]
by astrokcao | 2016-05-11 22:24 | 天体写真 | Comments(0)
 3月12日(土)は天文台の運営の日。この日は運営委員会も開かれるので、会員が集まって会誌「星屑」の発送作業を行う。みんなが集まる前に、ちょっと月とカタリナ彗星を撮影しておいた。月は月齢3できれいな三日月型だ。しかし、4日月。ややこしい。KissX5では41cm反射の2400mmの焦点距離では一枚には収まらないので、2枚に分けて撮影して合成した。結構シーイングも鏡の冷却も不十分だったので処理の結果がこれだ。画像処理の力というところかな。

e0174091_17383115.jpg

 その後、カタリナ彗星を撮影。41cm反射直焦点、30秒露出を9枚合成。ISO800。かすかに尾が出ているのが分かる。北の空が暗いところで、もう少し露出をかけられれば立派な姿が撮れるのだが。

e0174091_17390232.jpg
とりあえず、今回の成果は以上。

[PR]
by astrokcao | 2016-03-12 23:59 | 天体写真 | Comments(0)
今日は一日中雨。猫も静かで寝てばかりいると思ったら、実は朝6時過ぎに嫁さんにおねだりをして屋上に行ってきていたらしい。全く知らずに爆睡。とりあえず時間があるので、19日の月を再処理してみた。今回はRegistax6で処理。しかし、少しやり過ぎだったような気がする。難しい。

e0174091_16000423.jpg

[PR]
by astrokcao | 2015-12-23 16:00 | 天体写真 | Comments(0)
 昨夜は天文台の運営だった。7時前から小さな子ども連れのお客さんが見えたので、早く開台。今日が結婚記念日だとか。結婚記念日に天文台で星を見るというのもロマンチックでいい。しかし、前日の1人とは大違いで、お客さんがひっきりなしにやってくる。上弦の月がきれいだったので、今日こそは撮影しようと準備万端で来ると、大体こんなモンだ。結局26人のお客さんだった。しかし、今夜のお客さんはすごくおもしろい人が多くて、運営は楽しかった。このブログを読んでいるなんて人もいて(常連さんです)、ちょっとこっぱずかしい思いをしたりした。
 それにしてもシーイングは最低で、特に9時頃までは星像が大きく肥大して申し訳ないような有様だった。ところが、9時30分頃から突然見違えるような星像を見せるようになって驚いた。鏡が冷えてきたというのもあるのかもしれない。そこで、お客さんが帰られてから月の撮影に取り組んでみた。今回も、前回同様QHY5L-Ⅱを使ってモザイク合成に挑戦だ。前回はいい加減な性格が災いして、上手くモザイク合成ができなかった。一部写っていない領域があったからだ。そこで、今回は集中と気合いでがんばってみた。もちろんいつものように何度かとほほな状況になってはしまったが、何とか今回は上手く合成できた。
 しかし、40枚もの合成はさすがにしんどい。反面、視野の中心部分だけしか使っていないので、反射鏡の性能をフルに発揮できるという利点もある。なにはともあれ、しばらく月は撮らないぞ!!
 処理も撮影も大変だった!!!

上弦の月
ミカゲ41cm反射赤道儀 直焦点 焦点距離 2400mm
QHY5L-Ⅱ 各300フレーム撮影 
AutoStackert!2で240フレーム合成 PhotoshopCCで40枚をPhotomerge後いろいろと処理、リサイズ

e0174091_15021055.jpg

[PR]
by astrokcao | 2015-12-20 15:02 | 天体写真 | Comments(0)