ブログトップ

お手軽天体写真

astrokcao.exblog.jp

天体写真のページ

<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 先日のパンスターズ彗星の写真の処理を、少しまじめにやり直してみました。5秒露出の写真を10枚コンポジットして、中央部をトリミングして見ました。また、目で見た感じに回転してあります。元々の写真は天の北側が上に来るようにして撮影していますので、目で見た感じとは少し違って見えます。

キャノン KissX3改 トキナー 300mmF2.8開放  ISO400 自動ガイド 露出5秒を10枚コンポジット
露出 19:19:32 ~ 19:22:06 まで

e0174091_14154895.jpg


ずいぶんと彗星らしい姿になりました。
ところで、私がせっせと写真を撮っている間、嫁さんは清和高原天文台2階の観測室に上り、ちゃっかりと50cmの望遠鏡でのぞかせてもらったいました。12cmの双眼鏡でものぞいてきたといっていました。しかし、「50cmではぼやぼやとしか見えなかった。12cmの双眼鏡の方がきれいだった。」といっていました。315円の貢献でした。
私は5cmのファインダーで覗いたり、カメラのファインダー越しに見ただけでした。なかなか、透明度の良い空になり、やっぱり山の上の方がいいんだなあと満足でした。
[PR]
by astrokcao | 2013-03-23 14:21 | 天体写真 | Comments(1)
 今日も晴れましたねえ。快晴で風も弱く、彗星日和です。しかし、相変わらずの春霞。今夜も清和へ出発です。午後5時17分に家を出発して、清和高原天文台の前まで来ると屋根が開いていて、望遠鏡が彗星の方を向いていました。「今夜はやってる!」ということで、今日は清和高原天文台で撮影アンド観望ということにしました。
 早速、望遠鏡を準備してカメラとレンズを取り付け設営完了です。今夜は300mmF2.8の望遠レンズにはキャノンX3改を取り付けて見ました。月でピントを合わせて絆創膏でピント固定です。固定撮影はnikonD-5000にAiニッコール85mmF2.0を取り付けてセットしました。準備が終わって早速撮り始めました。やはり午後7時過ぎにならないとなかなか写りません。それから沈むまでわずかに20~30分間が勝負です。
 明日からは天気が下り坂です。これで、しばらくは撮影できない日が続きそうです。とりあえずちゃちゃっと処理をしてアップしてみます。

共通データ
 キャノン KissX3改 トキナー 300mmF2.8開放  ISO400 自動ガイド
 ニコン D5000 ニコン Ai85mmF2.0 固定撮影

e0174091_23121883.jpg

e0174091_23123035.jpg

e0174091_2313314.jpg

e0174091_23131488.jpg


次は4月4日早朝にM31とのツーショットを狙ってみたいと思います。200mmぐらいかなと考えていますが・・・
[PR]
by astrokcao | 2013-03-21 23:16 | 天体写真 | Comments(0)
少ししっかりと処理をしてみましたが、イマイチですかね。

共通データ
ニコンD5000 トキナー 300mmF2.8開放  ISO400 自動ガイド

5秒露出を10枚コンポジット
e0174091_11253670.jpg


10秒露出を10枚コンポジット
e0174091_11252217.jpg


10秒の方は地平線に水平にしてあります。5秒の方は赤経赤緯方向に合わせてあります。
[PR]
by astrokcao | 2013-03-16 11:29 | 天体写真 | Comments(0)
 今夜は快晴。午後4時過ぎに休暇をもらい、家内を誘って清和高原天文台へと急いだ。
 今まで、9日(土)はかすかに写ったような気がするだけ。10日(日)は緑川河口近くまで出かけたが、やっぱり雲と黄砂(?)の影響で肉眼はもちろん双眼鏡でも見えなかった。当然写真にも写らず。11日(月)は自宅で撮影と観察に臨んだが、やっぱりよくわからず。
 いろいろと調べると、かなり暗いような噂があり、透明度勝負ということがわかる。そこで、すごく迷ったのだがやはり高度を稼いだほうがということで、清和に行くことにした。しかし、清和高原天文台では少し西の空に森があって、断念。さらに車で数分進むと、西の空が開けた場所が見つかり、そこで観測することにした。
 今日は、300mmF2.8の望遠レンズで撮影することにして、ビクセンGP赤道儀をセットした。さらに、眼視で観察するために、ケンコーの12cmF5 600mmの屈折望遠鏡にエルフレ32mmをポルタ経緯台に載せてセット完了した。今日は月が目印で、そこから南に5度、西に1時間下げて暗くなるのを待った。
 しかし、今夜もなかなか写らず見えず、「暗いのかねえ。今夜見えなければ、もうあきらめようね。」と話していると、カメラのモニターに彗星の姿が現れた。急いで中心に持ってきて、撮影を始めたのだが、5cm7倍の双眼鏡でのぞいてみるとちゃんと見えるではないか!夕闇の中にしっかりと輝き尾を引いている姿は、なかなか見事だった。望遠鏡でのぞくと、青いというよりは赤っぽく見えるのが印象的だった。
 興奮の中で、観測は終了。カノープスもしっかりと見え、満天の星空の中撤収作業を行った。

キャノンKissX3 55mm F5.6 ISO-400 3.2秒露出 固定撮影
e0174091_0214365.jpg


ニコンD5000 トキナー 300mmF2.8開放  ISO400 2秒 自動ガイド 
e0174091_023321.jpg


ニコンD5000 トキナー 300mmF2.8開放  ISO400 10秒 自動ガイド
e0174091_025347.jpg


ニコンD5000 トキナー 300mmF2.8開放  ISO400 10秒 自動ガイド
e0174091_026071.jpg


大満足の一晩となった。これが今年のホワイトデーのプレゼントということで・・・・・・・・・。
[PR]
by astrokcao | 2013-03-15 00:28 | 天体写真 | Comments(2)